松平で竿出ししました

未分類
09 /28 2021
徐々に水位が低下して来た為、松平地区で竿出ししました。

日時:9月28日 8:30~16:00
場所:松平橋、鵜が瀬、松平高校前周辺
天候:晴れ
河川状況:水位やや高い(10CM程)、水温20度、午前中薄濁り、垢腐れ気味
釣果:20匹(16~21CM)
仕掛け:竿9M、水中糸PE0.6号、ハリ6.5号4本錨

松平専用区(9月まで)を上流から下流まで歩き続けた。水位高く漕ぎ歩きは疲れました。
が、数が出たため満足、満足。
今までは9時開始だったが、8:30からでも、即、追いが有った。15:30頃には追いが無くなった。
小野寺

KIMG0088.jpg

松平橋の様子。数は少ないが全体的に掛かった

KIMG0084.jpg

水位高が続いた為か、居着き鮎が居なかった

KIMG0093.jpg

サイズ的には小ぶり、22CMクラスが出なかった。
が、数には満足。



スポンサーサイト



田振で竿出ししました

未分類
09 /25 2021
朝起きて、巴川漁協HP、九久平の水位を調べると74CM、前日よりやや低下。
(田振の)過去の実績記録帳を見たら74CM。
これなら出来そうと思い出かけました。

日時:9月24日 9:00~16:00
場所:田振専用区最上流の瀬(今年初めての場所)、田振最下流の瀬(大国橋上流)
天候:晴れ
河川状況:水位やや高い(15CM程)、水温20度、濁り無し、垢良好
釣果:10匹(17~22.5CM)
仕掛け:竿9M、水中糸PE0.6号、ハリ7号4本、3本錨

開始は田振の電話BOX下流の階段を下りた所からスタート。
まったく当たり無し。左岸側の丸石底を攻めたかったがまだまだ水位高く届かない。断念。
仕方なく、上流の巴水苑前を目指し、段々瀬を釣り上り、良型を7匹。
長いランチタイムを過ごし専用区最下流の瀬へ。
ここでも良型3匹ゲット。数は少なかったが良型に恵まれた。
良型の背掛かり VS 切れる心配のないPEライン、竿をのされても我慢、下がれない、
身体を低くして竿を立てる・・・・・。
竿折れを心配しながら、田振釣行を楽しみました。
残り1ヶ月、28CMオーバーは出るかな!?
小野寺

KIMG0079.jpg

巴水苑前からの写真です
下流に、かすかに見える瀬は電話BOX下流の瀬です。
写真中央の瀬から上流へ段々瀬が続きます

KIMG0080.jpg

開始時の電話BOX下流の瀬
朝日が当たる良さそうな瀬!(だったが・・・・・)

IMG_3896.jpg

殆どが20~22.5の良型だったが、25クラスは出なかった。
専用区、田振の有名ポイントにつき抜かれたのでしょうか?





令和3年9月25日 アマゴの稚魚放流をしました

未分類
09 /25 2021
こんにちは。事務局です。

本日、令和4年度のアマゴ解禁に向けて放流を行いました。

R3アマゴ放流②
今回放流したのは7cm前後のサイズ。幼魚でいいんですかね?

R3アマゴ放流①

R3アマゴ放流③
「アマゴ放流場所」の看板がある場所にまんべんなく放流していきます。


今回の放流に加え、2月には成魚放流も行う予定です。

さらに、10月上旬には、巴川環境保全会の事業として
小学生によるアマゴ体験放流も計画されています。


渓流ファンの皆様
令和4年度の解禁まで、今しばらくお待ちを!


 ※巴川では、現在アマゴ漁は期間外になっており、故意にアマゴ釣ることは禁止です。
  雑魚券で釣行されている方は、予期せずアマゴがかかってしまう場合があるかと思います。
  もし、アマゴが釣れたら例外なく、リリースをお願いいたします。
  また、河川監視員が不正防止のために、釣果を確認させていただく場合がございますので
  ご協力とご理解をよろしくお願いいたします。
 


R3 9月25日 釣果

釣果
09 /25 2021
こんにちは
場所 港橋付近
竿 9m
仕掛け 005複合
針 6.5号 3本イカリ
時間 8:00〜12:00
釣果 21匹
サイズ 16〜22㎝
20210925.jpg
あまり大きくはありませんがさすが天然鮎、引きとアタリは強烈でした
専用区以外でやりましたがまだまだ鮎も若く沢山います
20210925-1.jpg
鵜ヶ瀬オトリ屋は9月いっぱいですので10月以降は
上流でオトリを購入してくるか、ガリでオトリを確保しないといけません
加藤

令和3年9月24日釣果

未分類
09 /25 2021
みなさまこんにちは シーズンも終盤。一雨一雨で鮎のコンディションがかわるような現状。それでも、高釣果をあげたい今日このごろです。

〈釣果報告〉
日時:9月24日9時から15時半まで
場所:香嵐渓地内
釣果:17尾
サイズ:15cmから23cm
天候:晴れ
仕掛:竿8m 糸0.08複合 錨7号
水位:10cm減(目測)
水況:垢腐れ

はじめ待月橋上の段々からはじめるもまさかの空振り。一時間半で囮を替えられず、巴橋上流に移動。当たり前のところは渋く、まさかの、囮のおかわり。なんとか1尾を釣り上げ、上流へ拾い釣ることができました。おそらく刺しに行くいポイントは良型でメタボな鮎が出てきます。開始四時間で4尾と辛い展開でしたが、良場に入ると釣果があがり2時間で13尾。オスの半分は色が濃くなってきていました。

藤島

tomoegawa.asuke

巴川漁協の公式ブログです。鮎の友釣りの釣果や河川の水況、イベント情報などをタイムリーに発信しています。

釣果情報を募集中です!
皆さんの釣果情報をお持ちしております。お気軽にご連絡ください。いただいた情報は当ブログにてご紹介させていただきます。
<巴川漁協事務局連絡先>
TEL:0565-62-0015
mail:sanshuasuke@asuke.aitai.ne.jp
※営業時間9:00~17:00 木曜定休



→巴川漁協公式ホームページはこちら