令和4年9月30日釣果

釣果
09 /30 2022
皆様こんにちは!増水が落ち着き何とか入川できる状況だったので、様子を見にいってきました。

〈釣果報告〉
日時:9月30日(土) 12:30〜14:30、15:00〜16:30
場所:巴川本流 安実京川端橋上流→川見堰堤、香嵐渓一の谷前
河川状況:20cm高(目測)、ほとんど濁りなし。アカはまだ戻らず2割あるかないか。
釣果:4尾
サイズ:18cm〜20cm
仕掛:竿-7.5m/天上糸-フロロ0.8号/水中糸-単線メタル0.07号/ハナカン周り直結-フロロ0.6号-40cm/鉤-8号やなぎ

 大雨で相当増水していた巴川でしたが、今週に入り水位は落ちてきました。まだまだ流れは強く、川端橋から下を見ると、流心は白く流れが強いところに鮎はつけないだろうなという感じでした。ただ、ヘチには鮎が見えたので上流を釣ることにしました。左岸側で3尾連続したので、これは!と思ったのですが、1時間経ったぐらいから全く釣れず。。

20220930島1

 右岸側に囮を入れると、先発で下っていく鮎の群れか10尾くらいが見えました。これで見切りをつけて、川見堰堤へ移動し、橋の上流を釣りました。ここも流れが強く鮎はえらいだろうなという感じで、右岸側で1尾のみ。香嵐渓一の谷の前も最後の望みをかけましたが、バラシて竿をたたみました。

20220930島3

 釣れてくる時は綺麗な色なのですが、舟に入れておくと流石に色が変わってしまいます。今日入川した場所は、全回の釣行よりもサイズが落ちました。今回は半日もあったので台風後釣れました!をお届けしたかったのですが、腕およばず、諦めきれない結果となりました。きっと下流にはまだいるんだろうな。皆様からの情報をお待ちしていますよ。私もまだやめられそうにありません。 島
スポンサーサイト



台風の前(前日?)は釣れる!と、聞いたこと有るが・・・・・

未分類
09 /17 2022
10年ほど前、台風の前は釣れるという事を聞いた事が有るが(気圧低下の影響?)
今年初めての場所を探ってみた。

日時:9月16日 8:45~16:00
場所:足助大橋上下流
天候:晴れ後曇り
河川状況:増水(10~15CM高)、薄濁り、水温21度、垢良好
釣果:10匹(19、5~24CM)
仕掛け:竿9M、水中糸PE0.6号、ハリ7号3本、4本錨

KIMG0506.jpg

AM橋下流で4匹。橋下20M程(岩盤状)は全く気配なし、30~40M下流(写真下流に見える葦部)川中央部の荒波状で2匹、
右岸ガソリンスタンド前周辺で2匹。
PM橋上流で6匹。荒瀬のスイートスポットで24を含む良型4匹の入れ掛かりが有った。たぶん高水の為、竿抜けか?
この瀬で掛かり橋下へ走られたらこの増水ではたぶんアウト。仕掛けには自信が有った為、その前に返しで抜いた。
天井糸上の付け糸も大丈夫だった。

IMG_5551.jpg

釣果:やっとツ抜けできたが良型に恵まれた。最大の鮎は25に見えますが24CMです。カメラアングルが悪かった様です。
まだまだ良型が潜んでいる様です。これからは一雨毎のたまり場も期待有りそうです。台風前の検証が1日か2日ズレた様です。
意外とゆっくりペースです。被害が少なければ良いのですが・・・・・

小野寺



あっちうろうろ、こっちうろうろ・・・・・

未分類
09 /12 2022
久々の晴天、但しまだまだ水位高。比較的竿出ししやすい専用区の香嵐渓上流部を目指した。が、
一帯は鮎釣り大会!とかで沢山の人々。しょうがなく田振へ引き返し、新駐車場で入川準備。??竿が無い!
家まで引き返した。約1時間ロス。足助までの途中、滝穂橋の下を覗く。何とかやれそう。

日時:9月11日 9:45~16:00
場所:AM滝穂橋、PM白鷺館前
天候:晴れ
河川状況:増水(20~30CM)、薄濁り、水温21.5度、垢付き始め
釣果:3匹(21.5~25CM)、(その他、身切れバラシ有り)
仕掛け:竿9M、水中糸PE0.6号、ハリ7号4本錨、7.5号2本ヤナギ

滝穂橋は上から見た以上に、流れが強く、錘2号プラス1号で囮を沈め待つが全く反応無し。
しまいには根掛り、強引に引っ張たら鼻環糸切れ(錘部でのスタック)で囮ロスト。結局0匹。

KIMG0503.jpg

写真は白鷺館前
残る1匹の囮はヘロヘロ、お代わりを考えたが、写真手前のアワアワのチャラで起死回生の1匹。
それを持って本流右岸荒場を狙ったら25CMが来た。25は囮にならず?(温存!)コマ不足。
西日がキツイ3時過ぎ、ヘロヘロの囮で再度チャラを狙ったら、囮サイズが背掛り。
再度本流の右岸へち際を狙ったら、大物が?来た。が、切れるはずの無いPEが切れた。時間も時間だし納竿とした。
たぶん滝穂橋で根掛り時引っ張った時の石ズレと思われた。あそこの石は角張った石や岩盤だ。
先回の香嵐渓待月橋上流の段々瀬同様、西日のキツイ 夕暮れ前がゴールデンタイム(30分程)の様だ。
一度掛かった所を時間を置いて、再度その時間帯に攻めるのもいいかも知れない。
白鷺館前は専用区では無いが、大鮎ロマンが有りそうだ。昨年もそう感じた。

IMG_5548.jpg

25CMには少々、白子が入っていました
午前中はうろうろしましたが、昼から25CMをゲット(今年のベスト)
ブログ投稿が少なくなり寂しくなりましたが綺麗な漁場写真を眺めて下さい。
そしてその気になって頂ければ幸いです。

小野寺


令和4年9月11日釣果

釣果
09 /11 2022
皆様こんにちは!短時間ですが、入川できましたのでご報告です。

〈釣果報告〉
日時:9月11日(日) 15:30〜17:30
場所:巴川本流 香嵐渓一の谷前
河川状況:雨の影響で、20cm高程度(目測)でささ濁り。
釣果:6尾
サイズ:18cm〜25cm
仕掛:竿-7.5m/天上糸-フロロ0.8号/水中糸-単線メタル0.07号/ハナカン周り直結-フロロ0.6号-40cm/鉤-7号やなぎ

 同日、大会が開催され、たくさんの方に入川していただいたようです。ありがとうございました。安実京の川端橋へ着くと3名の方が入川されていましたので、下流へ下り、一の谷前へ入川することにしました。

20220911島1
一の谷前の様子。流れの押しが強かったです。

 入川すると、ヘチにいい感じにハミ跡がついており、期待大。開始早々からオトリが変わり幸先の良いスタート。23cm〜25cmを3本含む6尾をゲットすることができました。吊り橋上流の瀬肩〜300mくらい上流まで大急ぎで釣り歩いたのですが、全体的に石の状態はよく、水が引くと期待できるなという印象でした。鮎も元気で強烈に走ってくれます。

20220911島2
釣果

 久々の入川でしたが、ハミ跡を見るとなかなかいい予感がしました。安実京から香嵐渓まで大きな淵と瀬が連なっていますので、雨の影響で鮎がストックされているのかもしれませんね。引き水の中立ち込んでいくのも鮎釣りの醍醐味ではありますが、くれぐれも無理なくお願いしますね。巴川へのお越しお待ちしております! 島

9月上旬の大増水、鮎は落ちたか?上ったか?

未分類
09 /06 2022
9月2日に鮎シーズン最大の増水、九久平の水位計で平水(0.7M)プラス3.2Mを記録。
増水でも竿出ししやすい香嵐渓のたまり場へ出かけた。

日時:9月5日 8:15~16:15
場所:AM巴橋上下流、PM待月橋上下流
天候:晴れたり、曇ったり
河川状況:増水(20~30CM)、笹握り、水温21.5度、流心部垢のこり
釣果:11匹(14.5~22.5CM)
仕掛け:竿9M、水中糸PE0.6号、ハリ7号4本錨

KIMG0448.jpg

写真は巴橋(8月末のもの。去り行く夏を惜しむかの様)
巴橋上流で4匹、下流で1匹。上流では、流れの筋(窪み)が良かった(残り垢か)
下流では、一番波の高い場所の手前(上流)で糸を切られた。昨年、天井糸から水中糸までPE0.6で固めた為、竿を折った。
今年は対策として天井糸の上へ強度1KGに調整した上付け糸35CM追加した。それが切れた。(竿が折れない程度のトカゲのシッポ・・・・・!)

KIMG0501.jpg

写真は日暮れ時の待月橋(香嵐渓のシンボル)。納竿時撮影
待月橋下流の大石周り深場で2匹。上流の段々瀬で4匹。PM3頃(日陰になる前)入れ掛かりモードに。

IMG_5518.jpg

釣果:集合写真です。上手な人は20匹前後行ったかも知れません。抱卵はまだでした。
たまり場の気配からすると、鮎は落ちもせず、上りもせず状態!
今週末頃から漁場のコンディションが良くなると思います。
もう彼岸花も咲き出しました。カキイレドキです。
釣れても釣れなくても、安全に楽しみましょう。

小野寺


tomoegawa.asuke

巴川漁協の公式ブログです。鮎の友釣りの釣果や河川の水況、イベント情報などをタイムリーに発信しています。

釣果情報を募集中です!
皆さんの釣果情報をお持ちしております。お気軽にご連絡ください。いただいた情報は当ブログにてご紹介させていただきます。
<巴川漁協事務局連絡先>
TEL:0565-62-0015
mail:sanshuasuke@asuke.aitai.ne.jp
※営業時間9:00~17:00 木曜定休



→巴川漁協公式ホームページはこちら