令和4年10月21日釣果

未分類
10 /21 2022
皆様こんにちは 増水と私事が度重なり、やっとのことで竿を出せましたが終盤も終盤。 一尾でも出会えることが幸せと感じてしまう釣行となりました。

〈釣果報告〉
日時:10月21日(金)9時半から14時まで
場所:八幡裏、スケートセンター跡前
釣果:2尾 15cm程度
仕掛:竿8m 糸0.04号複合 錨7号
天候:晴れ
水位:減水
水況:寒い

渇水期に入り、水面クリア。魚影は確認できます。八幡裏2時間掛けて、小型のオス鮎を2尾取り込み。休憩はさみスケートセンター前から下るも全く釣れる気がせず、納竿となりました。

当日、あった先輩釣師のとおり、いまさら、好ポイントを探すより、今シーズンをどう締めくくるかが大事だと思います。数時間で幾ばくか掛かり、取り込めたことに感謝です。もちろん、掛かった鮎は川に戻って頂き、出川時、目につくゴミを回収し、来季の豊漁を願い納竿致しました。

いつもお世話になっている、森瀬釣具店さんは今週末までは囮を扱っているそうです。

今シーズンもありがとうございました。情報発信者の一員として、駄文長文失礼致しました。

来シーズンの豊漁を願いまして、私は本日で納竿させて頂きます。ありがとうございました

藤島
スポンサーサイト



鮎の友釣り、まだまだ行けそうです

未分類
10 /14 2022
絶好の鮎釣り日和、何処で竿出ししようか迷ったが、最終にふさわしく、足助高校前、足助病院前へ入った。

日時:10月14日 9:45~16:15
場所:足助高校前~足助病院前
天候:晴れ(ほぼ快晴無風)
河川状況:平水、濁り無し、水温16.5度、垢良好
釣果:13匹(15~21CM)
仕掛け:竿9M、水中糸フロロ0.3号、ハリ6.5号3本錨

KIMG0530.jpg

上流の様子:2匹、シブかった

KIMG0529.jpg

下流の様子:11匹、今時にしては良く掛かったと思われる

KIMG0534.jpg

釣果:ポカポカ陽気の御陰でツ抜け達成。上手な人は20程行ったかも知れません。
今後、天候に恵まれ増水が無ければ、10月末まで行けそうな感じです。
この辺は、足助警察署前まで、大木が伐採され、朝から晩まで、日光が射し
漁場が改善された様です。夕方まで鮎釣りを堪能しました。(鮎関係者でしょうか?伐採したのは・・・・・)

小野寺



鮎の友釣り

未分類
10 /08 2022
こんにちは。
朝晩がだいぶ涼しく?寒く?なってきましたが、巴川ではまだ鮎釣りを楽しめます。
今日も香嵐渓の付近では、友釣りを楽しむ姿を見かけました。
大きい鮎は、卵を持ったものもいますので、あとどのぐらい楽しめるのかな。。

IMG_7126.jpg

アマゴ体験放流

未分類
10 /04 2022
IMG_7091.jpg

IMG_7097.jpg

IMG_7104.jpg

本日、巴ヶ丘小学校1・2年生の皆さんにご協力いただき、アマゴの体験放流を行いました。
まずは、愛知県庁農業水産局水産課深澤さんより、フリップを使ってアマゴの模様やどんなところに住んでいるかなどを教えていただきました。
次は、各グループに分かれてアマゴの観察です。
躊躇なく顔を近づけてみたり、魚に触ってみて「すっごくヌルヌルしてるね~」「水飛ばしてくる~」と楽しそうにお友達と話している姿を見ることができました。
最後の放流では、「元気でね~」「大きくなってね~」と放流したアマゴに別れを告げる姿がとてもかわいかったです。
そして、今日は放流会場の前にある、東部こども園の年長さんが飛び込みで参加してくだり、賑やかでとても楽しい時間になりました。
この先、自分たちの家の近くのを流れる川は、アマゴや鮎が住んでいるきれいな川なんだ!この川を守っていきたい!!と思ってもらえると嬉しいです。
そしてもう少し大きくなったら、釣りがしたいなと思ってくれたら良いな~。
ご協力いただきました皆様ありがとうございました。

今日はCBCテレビさんと新三河タイムスさんが取材に来てくださいました。
今日の様子が、CBCテレビ「チャント」(15:49~19:00)のどこかで放送されます。
ぜひご覧ください。

9月下旬の更なる大増水、鮎は残っているか?

未分類
10 /03 2022
9月23日に鮎シーズン最大級の大増水(9月2日以上の増水)。九久平の水位計で平水(0.7M)プラス3.8Mを記録。
もう10月、なかなか水位も低下しないが・・・・・

日時:10月3日 10:00~15:00
場所:白鷺館前
天候:晴れのち曇り
河川状況:増水(15~20CM高)、濁り無し、水温19.5度、垢付き始め
釣果:6匹(16~25.5CM)
仕掛け:竿9M、水中糸PE0.6号、ハリ7号、7.5号3本錨

KIMG0503.jpg

午前中は、白鷺館前、先回同様、写真手前のアワアワの浅場で囮サイズ2匹とチビをゲット。その後本流右岸を攻め良型2匹。
右岸瀬落ち手前で大物が・・・・・下がれない為、返し抜き。着水と同時に1.5号ハリス切れ。逆バリ結合部(メガネタイプ)ハリス断面ヤセの為。枕を1回通したが切れた。カシメ過ぎたか?衝撃が大きかった様だ。

KIMG0520.jpg

午後から、上流の瀬へ移動。写真中央部の沈み石裏で25,5が来た。その後、曇り出し当たり無しで終了。
10月に入り、水温20度を下回り、日差しが無いと釣果につながらない。鮎の付場は丸石底。日中日射しが良ければ浅瀬が良さそうだ。

KIMG0522.jpg

釣果6匹・・・・・ツ抜けならず。時速1匹ペース。
川を漕ぐ時の道先案内人だった遊び鮎の姿が見えない。が、鮎はポイントポイントには、いる様だ。今後の水位低下と天候に期待したい。

IMG_5671.jpg

今年の自己レコード25.5CM(27CMには程遠い)

その他、参考
SOSが有った様で?9月29日にも白鷺館前で昼から竿出しした。水位は九久平水位計で今日よりも10CM高できつかったが、4匹(内3匹は特大級)だった。ちなみに午前中は田振下で0匹だった。

IMG_5601.jpg

9月29日の釣果

小野寺











tomoegawa.asuke

巴川漁協の公式ブログです。鮎の友釣りの釣果や河川の水況、イベント情報などをタイムリーに発信しています。

釣果情報を募集中です!
皆さんの釣果情報をお持ちしております。お気軽にご連絡ください。いただいた情報は当ブログにてご紹介させていただきます。
<巴川漁協事務局連絡先>
TEL:0565-62-0015
mail:sanshuasuke@asuke.aitai.ne.jp
※営業時間9:00~17:00 木曜定休



→巴川漁協公式ホームページはこちら